言学寮の名前



 聖書の言(ことば)(ヨハネによる福音書 1:1-18)

 

 non scholae, sed vitae” 「学校のためではなく、人生のために」という言葉をラテン語の授業で学びましたが、人生とは何のためにありますか。「大学生活を二年終えたころ私は天国に向かう道を歩んでいると分かった。」という簡単な言葉で内村が人生の道の目的を示しています。

 学生のためのアパート寮。普通のアパートと同じような独立した部屋となっていますが、1階に言学会室があります。この部屋は「同時に読書室、教室、会議室、食堂、クラブ室だった。我々の横隔膜を破るほどの爆笑、心の奥底を動かした後悔の涙にむせぶ声、最も元気な頭もうんざりさせる議論、取引と金儲けについての話、それらすべてが、この最も便利な家の中で聞こえた。」内村鑑三はこういう言葉で札幌での独立教会を描写しましたが、言学Haus・言学会室もその所になったらと思います。