聞いたり、読んだり

「言学寮」で学ぶ私たち(言学会)は、毎週、

私たちの本「Pfeilworte   矢言葉  Arrow Words」から一つの新しい

テキストをYouTubeで紹介します。(一月から九月までの記事)

 聞きたいテーマを選んでください。

 テーマ

 

今週のテーマは: 

 

ドイツ語で

YouTube Kanzo Uchimura Pfeil-Worte

     oder      Kanzo  Uchimura  Thema  )

 

日本語で

YouTube  内村鑑三 矢言葉

  または、内村鑑三 テーマ (今週のテーマ: 神はある)

 

今週のテキストE-Mailで注文できます。(無料)

pfeilworte@kti.jp

  

このページで今週のテーマについてのテキストを日本語で、英語で、ドイツ語で読むことができます。

(本の見本ページ

九月までの記事をYouTubeで日本語やドイツ語で聞いてください。

 

 



 

神はある

 

神はある。ああ祝福すべきかな、この思想は。愛そのものである神、愛する父、この神がある。彼は生きている、彼は治め、彼は世界と人類と私の国と私の家と私自身にお気遣いしてくださる。この事以上に私は何を知る必要があろうか。永久の平和は私のものであるべきだ。

  世は混乱状態にある。国家はあからさまに相互に対して武装し、外交官たちは世界的平和をもたらそうとして会議を開き、その目的を達しようとして努力している。未来はすべて不明で、暗く、恐ろしくある。真に、預言者によって示されたように、「闇は地を覆い、暗黒が国々を包んでいる。」 (イザヤ書 60:2

しかし、神はある。問題はこの一事によって解決される。全ては大丈夫。我々は安心して休みかつ眠ることができる。あたかも宇宙の大権をその手に握られたイエスが、ガリラヤ湖の荒れ狂う波の上に、その弟子たちを運ぶ舟の船尾で安らかにお眠りになっていたように、我々もまた静かに眠ることができる。

(マタイ8:23-27) 

 

なんでそんなに臆病なのか、信仰の小さい人たちよ!(マタイ 8:26a)

 

God is 

 

God is. Oh, blessed thought! God the loving Father, who is Love Itself, IS, He exists, He rules, He takes care of the world, mankind, my country, my home, and me. What more need I know? Peace everlasting should be mine.

 

 

 

The world is in turmoil, nations are arming themselves to the teeth, diplomats are sitting in a council to bring about a universal peace, toiling hard to attain that end. The future is completely unknown, dark and terrible. Indeed “darkness covers the earth and gross darkness the people”, as was as foretold by a prophet.  (Isaiah 60,2)

 But God is. That settles the question. All is right. We can rest and sleep in peace, as Jesus the Almighty Power incarnate slept at the stern of the ship which carried His disciples over the furious waves of the sea.  (Matthew 8,23-27)

 

 Why are you fearful, O you of little faith? (Matthew 8,26a)

 

Gott ist da

 

Gott ist da. Oh, was für ein wohltuender  Gedanke! Gott, der liebende Vater, der die Liebe selbst ist, er ist da, er lebt, er herrscht, er kümmert sich um die Welt, um die Menschheit, um mein Land, um mein Haus und um mich. Was brauche ich sonst noch zu wissen! Ewigen Frieden sollte ich haben.

 

Die Welt ist in Unruhe, die Nationen bewaffnen sich bis an die Zähne, Diplomaten setzen sich in Gremien zusammen, um Weltfrieden herbeizu- führen und mühen sich ab, dieses Ziel zu erreichen. Die Zukunft ist ganz ungewiss, dunkel und schrecklich. Wirklich, es ist so, wie ein Prophet voraussagte, „Finsternis bedeckt das Erdreich und Dunkel die Völker“.  (Jesaja 60,2)  

 

Aber Gott ist da. Damit ist das Problem gelöst. Alles ist o.k. Wir können in Frieden ruhen und schlafen, genauso wie Jesus, der Macht über das ganze Universum hat, im Heck des Schiffes, das seine Jünger über die tobenden Wellen des Galiläischen Meeres trug, geschlafen hat.  (Matthäus 8,23-27)

                     

Ihr Kleingläubigen, warum seid ihr so furchtsam? (Matthäus 8,26a)

 

τ δειλο στε,

ti      deiloi      este,

なぜ    臆病     あなた達です

why   fearful     you are,

warum verzagt   ihr seid,

  ὀλιγπιστοι

    oligopistoi

  信仰の小さい人たち

    men of little faith

     Kleingläubige

 

 (ΚΑΤΑ ΜΑΘΘΑΙΟΝ  8,26a)

  KATA  MATHTHAION

 

 

本があれば、いつでも聞きたいテーマをYouTubeで聞いたり、本で読んだり楽しみ、勉強できます。

ここは、一つの例です。

本の注文

yakotoba@kti.jp

 







イエス・キリストのしもべパウロ

 

イエス・キリストの奴隷であるパウロ。

(ローマ人へ 1:1まことにその通りである。しもべである。友ではない。兄弟ではない。弟子でもない。しもべ, 奴僕である。彼の意志は、彼自身のものではない。彼の主のものである。

パウロはイエス・キリストのしもべである。人または団体のしもべではない。王または監督、教会または政府、社会または公衆のしもべではない。神の子であり人の主であるイエス・キリストのしもべである。

 

 

 

彼の任務は社会奉仕ではない。教会または政府に仕えることでもない。ひとえにひたすらキリストに仕えることである。

 

イエス・キリストのしもべパウロ。ゆえに彼は独立の人、勇敢の人、謙遜の人であり、同時にまた親切の人であった。彼は人にも社会にも仕えなかったが、しかしイエス・キリストに仕えたため、世を高め、潔め、改めると言う点で、他の誰も及ばないほどの功績をあげた。

 

ああ、 私もパウロにならい、真にイエス・キリストのしもべでありたい!

19212

                   

 

キリスト・イエスの奴隷であり、また 神に召され、その福音のために選ばれた使徒であるパウロ.     

(ローマ人へ 1:1)

 

 

A Servant of Jesus Christ

 

Paul, a bondservant of Jesus Christ! (Romans 1,1) Truly so! A servant; not a friend, not a brother, not even a disciple, but a servant, a slave-servant, one whose will is not his own, but his master’s.

      He is a servant of Jesus Christ; not of men nor of groups of men, not of kings nor of bishops, not of churches nor of governments, not of society nor of humanity, but of Jesus Christ, the Son of God and the Lord of mankind.

  

 

 

His business is not social service nor church-service, nor government-service, but he has solely and entirely to serve Christ.

Paul, a servant of the Lord Jesus Christ; therefore, an independent, courageous, humble and kindly man, a man, who without serving men and society, did most to uplift, purify and renovate the world.

 

 

Oh, may I be like him, and be truly a servant of Jesus Christ!

February, 1921

  

 

Paul, a bondservant of Jesus Christ, called to be an apostle, separated to the gospel of God.

               (Romans 1,1)

Paulus, ein Diener Jesu Christi

 

Paulus, ein Knecht Jesu Christi. (Römer 1,1) Wie wahr! Ein Diener, nicht ein Freund, nicht ein Bruder, nicht einmal ein Schüler, sondern ein Diener, ein Knecht. Sein Wille ist nicht sein eigener, sondern der seines Herrn.

 Er ist ein Diener Jesu Christi, weder ein Diener von Menschen noch von Organisationen, weder von Königen noch von Bischöfen, weder von Kirchen noch von Regierungen, weder ein Diener der Gesellschaft noch der Allgemeinheit, sondern ein Diener Jesu Christi, des Sohnes Gottes, des Herrn der Menschheit.

Seine Aufgabe ist nicht Sozial-  dienst, er dient weder der Kirche noch dem Staat, sondern allein und einzig Jesus Christus.

 

Paulus, ein Diener Jesu Christi, deshalb unabhängig, mutig, demütig und freund- lich. Er hat weder Menschen noch der Gesellschaft gedient, aber weil er Jesus Christus gedient hat, hat er mehr als jeder andere die Welt auferbaut, ge- reinigt und erneuert.

Oh, ich möchte auch wie Paulus sein, wirklich ein Diener Jesu Christi.

                     Februar 1921

 

         Paulus, ein Knecht Jesu Christi, be- rufen zum Apostel, ausgesondert zu predigen das Evangelium Gottes.

 (Römer 1,1)

 

 


Παλος

 Paulos

パウロ

Paul

Paulus

 

 δολος

doulos

奴隷

 bondservant

 Knecht

 

  Χριστο ησο

Christou        Ieesou

キリスト     イエスの

of Christ        Jesus

Christi           Jesu

 

 

(ΠΡΟΣ ΡΩΜΑΙΟΥΣ  1,1)

     PROS ROMAIOUS

 

 

 

 

 



毎週、新しいテーマがあります、毎月四つのテーマ。

テーマ

 

YouTubeで好きなテキストを聞きながら、本の中でそのテキストを同時に読むこともできます。

四つの国語で書いてある本の注文

KTI 出版社

yakotoba@kti.jp

 

新しいテーマのテキストを四つの国語でメールでも送ってあげます。(無料)

yakotoba@kti.jp 

 


12月のテーマ

 日本的キリスト教

神はある

  

1月から11月までのテーマをここで見てください。

テーマ