聞いたり、読んだり

「言学寮」の男子・女子学生聖書研究会 「言学会)では、毎週、

私たちの本「Pfeilworte   矢言葉  Arrow Words」からの一つのテキストをYouTubeで紹介します。

一月から九月までの記事を日本語やドイツ語で聞くことができます。

 

 聞きたいテーマを選んでください。

 テーマ

   

日本語で:  YouTube  

内村鑑三 矢言葉,

内村鑑三 テーマ 

 

ドイツ語で: YouTube 

Kanzo Uchimura Pfeilworte

 Kanzo Uchimura Thema

 

テキストE-Mailでも注文できます。(無料)

yakotoba@kti.jp

 

 

テキストを日本語で、英語で、ドイツ語で読むことができます。

見本ページ

 

本の注文

yakotoba@kti.jp

  



本があれば、いつでも聞きたいテーマをYouTubeで聞いたり、本で読んだりすることができます。

ここは、一つの例はここにあります。

  







イエス・キリストのしもべパウロ

 

イエス・キリストの奴隷であるパウロ。

(ローマ人へ 1:1まことにその通りである。しもべである。友ではない。兄弟ではない。弟子でもない。しもべ, 奴僕である。彼の意志は、彼自身のものではない。彼の主のものである。

パウロはイエス・キリストのしもべである。人または団体のしもべではない。王または監督、教会または政府、社会または公衆のしもべではない。神の子であり人の主であるイエス・キリストのしもべである。

 

 

 

彼の任務は社会奉仕ではない。教会または政府に仕えることでもない。ひとえにひたすらキリストに仕えることである。

 

イエス・キリストのしもべパウロ。ゆえに彼は独立の人、勇敢の人、謙遜の人であり、同時にまた親切の人であった。彼は人にも社会にも仕えなかったが、しかしイエス・キリストに仕えたため、世を高め、潔め、改めると言う点で、他の誰も及ばないほどの功績をあげた。

 

ああ、 私もパウロにならい、真にイエス・キリストのしもべでありたい!

19212

                   

 

キリスト・イエスの奴隷であり、また 神に召され、その福音のために選ばれた使徒であるパウロ.     

(ローマ人へ 1:1)

 

 

A Servant of Jesus Christ

 

Paul, a bondservant of Jesus Christ! (Romans 1,1) Truly so! A servant; not a friend, not a brother, not even a disciple, but a servant, a slave-servant, one whose will is not his own, but his master’s.

      He is a servant of Jesus Christ; not of men nor of groups of men, not of kings nor of bishops, not of churches nor of governments, not of society nor of humanity, but of Jesus Christ, the Son of God and the Lord of mankind.

  

 

 

His business is not social service nor church-service, nor government-service, but he has solely and entirely to serve Christ.

Paul, a servant of the Lord Jesus Christ; therefore, an independent, courageous, humble and kindly man, a man, who without serving men and society, did most to uplift, purify and renovate the world.

 

 

Oh, may I be like him, and be truly a servant of Jesus Christ!

February, 1921

  

 

Paul, a bondservant of Jesus Christ, called to be an apostle, separated to the gospel of God.

(Romans 1,1)

Paulus, ein Diener Jesu Christi

 

Paulus, ein Knecht Jesu Christi. (Römer 1,1) Wie wahr! Ein Diener, nicht ein Freund, nicht ein Bruder, nicht einmal ein Schüler, sondern ein Diener, ein Knecht. Sein Wille ist nicht sein eigener, sondern der seines Herrn.

 Er ist ein Diener Jesu Christi, weder ein Diener von Menschen noch von Organisationen, weder von Königen noch von Bischöfen, weder von Kirchen noch von Regierungen, weder ein Diener der Gesellschaft noch der Allgemeinheit, sondern ein Diener Jesu Christi, des Sohnes Gottes, des Herrn der Menschheit.

Seine Aufgabe ist nicht Sozial-  dienst, er dient weder der Kirche noch dem Staat, sondern allein und einzig Jesus Christus.

 

Paulus, ein Diener Jesu Christi, deshalb unabhängig, mutig, demütig und freund- lich. Er hat weder Menschen noch der Gesellschaft gedient, aber weil er Jesus Christus gedient hat, hat er mehr als jeder andere die Welt auferbaut, ge- reinigt und erneuert.

Oh, ich möchte auch wie Paulus sein, wirklich ein Diener Jesu Christi.

Februar 1921

 

         Paulus, ein Knecht Jesu Christi, berufen zum Apostel, ausgesondert zu predigen das Evangelium Gottes.  (Römer 1,1)

 

 


Παλος

 Paulos

パウロ

Paul

Paulus

 

 δολος

doulos

奴隷

 bondservant

 Knecht

 

  Χριστο ησο

Christou        Ieesou

キリスト     イエスの

of Christ        Jesus

Christi           Jesu

 

 

(ΠΡΟΣ ΡΩΜΑΙΟΥΣ  1,1)

     PROS ROMAIOUS

  



毎週、新しいテーマがあります、毎月四つのテーマ。

テーマ

 

YouTubeで好きなテキストを聞きながら、本の中でそのテキストを同時に読むこともできます。

四つの言語で書いてある本の注文

KTI 出版社

yakotoba@kti.jp

 

新しいテーマのテキストを四つの言語でメールでも送ってあげます。(無料)

yakotoba@kti.jp